気診について」カテゴリーアーカイブ

「枝豆」夏の食養生④

暑い夏を元気で乗り切るために、

薬膳で大切とされていることをお伝えします^^


そのひとつに「旬の食材を食べること!」があります。


夏は、胃腸が弱りやすい時期です。

胃にも水分が滞りやすく、冷たいもののとり過ぎなどで胃腸を冷やして、

消化能力を低下させ、食欲不振や疲労などを招いて夏バテの一因となります。

 

そこでオススメは「枝豆」です。

胃腸の働きを高めて消化力をアップし、

体内の水分代謝をよくして、

余分な水分を排出する作用があるので、

むくみ改善も期待できます。

気血を補って元気をつけるので、

夏バテ防止や疲労回復効果の高い食材です。

 

オススメの食べ方は「ずんだ白玉」!

*白玉粉(もち米)にも気を補う作用があり、

元気アップに効果的な組み合わせです。

〔材料〕

〈白玉〉

〇白玉粉 50g

〇水   40~50㎖

〈ずんだあん〉

  • ゆでた枝豆・正味100g
  • 水 大さじ2~3
  • 砂糖(ハチミツまたは純黒糖くろうさぎ) 大さじ1~(お好みで)
  • 塩 少々

〔作り方〕

1.プードプロセッサーorすり鉢に〈ずんだあん〉の●印の材料を入れ、粗めのペースト状にします。
甘さは、お好みで調節してください。
*写真のずんだは「純黒糖くろうさぎ」を使用。

2.ボウルに白玉粉を入れ、水をすこしずつ加えながらよくこねて、
耳たぶくらいのやわらかさになったら、食べやすい大きさの団子状に丸めます。

3.2の白玉を沸騰したお湯で茹で、浮き上がって1分~2分たったものから冷水に入れ、
白玉が冷めたらすくい上げ、水気をよく切ります。

4.ずんだと白玉を器に盛ります。

 

薬膳の知恵で元気アップしていきましょう^^

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

夏の食養生!「シソ」

そろそろ梅雨明けですね。

 

蒸し暑い夏は、冷奴やそうめんなど、冷たいものを選びがちです。

冷たいものばかりに偏ってしまうと

胃腸の働きを弱めてしまうことにもなりかねません。

 

食養生でのオススメは、

シソやショウガ、ニンニクなどの体を温める辛味の薬味を少し添えることです^^

 

今日は「 シソ 」についてお伝えします。

体を温めて冷えをとり除く、

血行をよくする、

胃の働きを整える作用があるといわれています。

 

香りは、気の巡りをよくするので、

ストレスやイライラ、のどのつかえの改善に役立つとされています。

 

殺菌・解毒・防腐作用があるとされ、

昔から刺身のツマに利用されてきたようです。

 

漢方薬でも利用され、乾燥させた葉は生薬では蘇葉(ソヨウ)と呼びます。

種は蘇子(ソシ)、茎は蘇梗(ソコウ)と呼ばれ生薬として使われます。

 

シソは、冷奴にのせる、そうめんに添える、サラダに、冷しゃぶに添えたり、

きゅうりやキャベツなどの即席漬けに、肉や魚を巻いたりつくねに入れたり、

にんにく醤油に付け込んでおにぎりに巻いたり、

ジャコの混ぜご飯に加える、刻んでお湯に入れてお茶として楽しむなど、

いつもの食卓にシソを加えて、夏の食養生いかがでしょうか。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

「気晴らし」 “気”の付く言葉 ②

この時期は、ジメジメして、ストレスが溜まる、スッキリしたいな~。

このような時に 「気晴らしに○○○○○しようか」 なんて会話することがあるか思います。

 

“ 気晴らし ” とは、
晴れ晴れとしない気持ちを他のことをすることで発散すること。憂さ晴らし。(国語辞典オンラインより)

 

私は、土に触れること、ベランダでのプランターで野菜作りや、その野菜を料理し食べたり、

農家の方と野菜作りのおしゃべりです♪

 

気晴らしにどんなことをなさっているのか、伺いました。

普段は行かないカフェでゆっくりと過ごします、

友達と、少々お酒を飲みながらおしゃべり、

お気に入りの場所に出かけて、のんびり、

ストレッチしたり、ちょっと身体を動かして汗をかく、

スポーツジムに行く、

部屋の掃除ついでに、少しだけ模様替え、

ゆっくり家で過ごせる日に読書、

好きな音楽を聴く、

いつもはシャワーで済ませているから、ゆっくりお風呂に入る、

お気に入りの傘などの雨具で梅雨を楽しむ、

バッティングセンターや、カラオケに行く、

ドライブや、行ったことのない街で新鮮な気持ちを味わう、

ボデイケアを受ける、

映画を観て、涙を流してスッキリ、

アロマを楽しむ、

景色の良い場所へ行く、

温泉、露天風呂に行く、等。

いろいろな方法がありますね♪

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら