カテゴリー別アーカイブ: 気診について

「 天の流茶(あまのながれちゃ) 」 オススメの飲み方♪

今日は、大寒! 暦の上では一年で一番寒い時季と言われています。

 

寒さを感じると、身体は前かがみで縮こまった姿勢になりがちですね。

身体は緊張状態!

こんな時には、ホッとできるお気に入りの飲み物があるといいですね。

 

私は、毎朝、銀座漢方天クリニックの小倉先生監修のブレンド茶

「天の流茶」を飲んでいます。

3タイプ(ほっこりタイプ、すっきりタイプ、まろやかタイプ)の中から、

気診して選んだお茶が一番おいしいと感じています。

身体がじんわりとあたたかくなって心地よいです。

 

☆飲み方は、説明書きには“ティーバッグ1包を入れ、熱湯250mlを目安に”とありますが、

お茶の出具合がとても良く、濃い味になるので、

500~600mlの熱湯で作るのも良いですね、と小倉先生が言っています。

 

リピーターさんから、ご感想をいただきました♪

*  ほっとする味で、疲れたとき、リフレッシュしたいときにいただいています。

*  お客様にお出しすると美味しいとよろこんでいただけるので、3タイプ揃えます。

*  全体的にどれもかおりがよく、味もよいです。

飲んでいくうちに体がさわやかになっていくような気がします。

*  飲みやすくてスッと入る感じで、気分が落ち着いて、ホッとする味です。

*  ほっこりタイプ・すっきりタイプ・まろやかタイプから、気診して選んで飲むのが、習慣です。

一日のスタートに、大事な時間となっています。

*  このお茶を飲んでから、ティータイムは天の流茶ばかりになりました。

*  プレゼントにも好評です。

*  3タイプ揃えて置いておくと3色がかわいらしくて、観ても楽しめるのも良いですね。

*  1つのティーバッグで何杯も飲めるので、とても経済的です!

煮だしたティーバッグを机の上に置いておくと、甘い香りが漂ってきて癒されます。

*  黄色のほっこりタイプをいただきまして、本当に心と体が温まりほっこりした気分になりました。

 

是非、お試しください^^

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

冬の食養生「腎」を補う!

前回のブログでは、腎は冷えに弱いので冷やさないこと、

冷えたら温める養生が大切、とお伝えしました。

 

では、食養生はどのようにすればよいでしょうか?

 

薬膳では、腎を補う食材は黒い色の物に多いとされています。

 

黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、黒米、ひじきや昆布などの海藻類、烏骨鶏、スッポンなど。

 

お正月に食べるおせち料理にも、

黒っぽい食材を使った黒豆煮、昆布巻き、栗きんとんなどの料理が並びます。

 

おせち料理には、この季節を元気に過ごすための先人の知恵が詰まっています。

 

日本の伝統である食文化を楽しみながら、

寒い季節に弱りやすい腎を補う食養生はいかがでしょうか。

 

今年も 銀座漢方天クリニックのスタッフブログをお読みいただきありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

着るだけで、あたたかい 「ピースエイトのめぐ流インナー!」

寒さが厳しくなってきました。

冬は、冷えは大敵! 冷えは万病の元! この季節よく耳にしますが、

どのような養生をしたらよいのでしょうか。

 

東洋医学では、この冷えに弱いのは「腎」とされています。

腎とは、腎臓や膀胱だけでなく、生命力の貯蔵や水分代謝を調節、

脳、骨、耳、髪、生殖や成長発育に関連しています。

 

腎がダウンすると、頻尿、疲れやすい、だるくてやる気がでない、物忘れ、骨がもろくなる、

耳が聞こえにくい、抜け毛や白髪、性機能の低下などの症状が出やすくなるとされています。

 

老化に関わっています。

 

冷えに弱い腎を守るためにも、冷やさないこと、冷えたら温めることはとても大切ということですね。

 

あたためる方法は、いろいろありますが、手軽であることも継続の秘訣です。

 

新登場! ピースエイトなぐ流インナーの「シャツ」と「ズボン下がおすすめです(ご予約制)。

ほんわかとあたたかくて、やさしく包み込まれているような心地よさを感じています。

子どもの頃、冷えた手を温めてくれた母の手のぬくもりを思い出しました。

伸縮性があるので、男性にもおすすめです。

 

お一人おひとりに合ったものをお選びいたします。

ご相談ください。

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら