月別アーカイブ: 2017年9月

秋の食養生! 身体の渇きを潤す、ご飯のお供いかがでしょうか。

秋は、渇いた空気を吸い込む鼻や口、肺などの呼吸器が乾燥して、

ダメージを受けやすくなります。

 

鼻やのどの潤いは、ウイルス等を吸着したりする免疫機能の役割もありますので、

身体に潤いを補う食養生が大切となります。

 

秋の実りの新米とともに、

簡単! 手作りご飯のお供で潤いを補い、不調を予防しましょう。

 

オススメのご飯のお供は「ホタテ入りなめたけ」!

材料を入れて煮るだけで簡単! あっという間にできちゃいます。

手作りだと、味付けを自由に加減できるのもうれしいところ(^^♪

 

“ほたて”は、口や喉の渇き、肌のかさつき等、

空気の乾燥が引き起こす症状の改善に役立つとされています。

胃の働きを高めて消化吸収を良くする効果も期待できます。

☆材料☆
ほたて
エノキタケ
醤油

みりん
砂糖
鷹の爪(お好みで)

☆作り方☆
①エノキタケは、石づきを取り2~3㎝ほどの長さに切る。

②鍋に、ほたてとエノキタケ、醤油、酒、みりん、砂糖、鷹の爪を入れ中火にかけ、

食材に火が通ったら、酢を少々入れひと煮立ちしたら出来上がりです。

*なめたけは、大根おろしや茹でた野菜に和えたり、生姜を入れる等、
味に変化をつけると自分好みの一品に!(^^)

 

身近な食材で身体に潤いを補って、秋を元気に過ごしましょう(^^)/

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B

電話 03-6274-6501

問い合わせはこちら

録画予約しちゃいました^^ 『 腎臓が寿命を決める』

テレビ番組の紹介記事に目が留まり、録画予約しました。

 

「健康長寿のカギ」となる「ある物質」を、腎臓が調整していることまで

明らかになってきているのだとか。

 

なぜ、この番組が気になったかと言うと・・・

 

銀座漢方天クリニック 小倉左羅先生のブログ記事 「 五臓を元気に! ~腎~ 」

“老化防止には、腎が大切です”とあるように、

小倉先生は、患者さんにも 講座等でも 常々このような話をしています。

 

東洋医学でいう腎は、生命エネルギーの源「精」を貯蔵すると言われ、

精が十分にある人は、若々しく元気。

精が不足していると、冷えや免疫力の低下、老化の症状など

さまざまな不調が起こりやすくなるとされています。

 

「腎臓が寿命を決める」ということと、

東洋医学でいう腎の考え方が繋がっているのではと感じ、この番組に興味が湧きました。

 

あらためて、腎の養生の大切さを感じています。

 

NHK スペシャル シリーズ人体 神秘の巨大ネットワーク プロローグ
2017年9月30日(土) 午後9時00分~9時59分

NHKスペシャル シリーズ人体 神秘の巨大ネットワーク 第1集”腎臓”が寿命を決める
2017年10月1日(日) 午後9時00分~9時49分

 

冷えは、腎の大敵!

気温が下がってきましたので、身体を冷えから守ることが大切です。

温かいスープ等を食べて、身体の中から温めましょう。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B

電話 03-6274-6501

問い合わせはこちら

米寿のお祝いに(^^)

患者さんから、ご両親の米寿のお祝いに

ピースエイトのふくらはぎサポーターか、腹巻きをプレゼントしたいので、

どちらが良いか選んでほしいとご相談がありました。

 

ご本人は、ふくらはぎサポーターをしてから、趣味のゴルフのスコアが良くなったとのこと。

朝起きるとサポーターを着けて、寝る前のお風呂に入る時まで着けているそうです。

 

「これを着けてから、身体のここが変わったというハッキリしたことはわからないのですが、

心地良さというか、いつも着けていたいという感じはあります。

米寿のお祝いのプレゼントは身体に良いものをと考えていたので、

自分が気に入っているサポーターにしようと思いました。

年齢とともに家にこもりがちになってきたので、

少しでも体調が良くなり、気持ちが外に向いて散歩する機会が増えたらいいなと思っています」

 

小倉先生が、ピースエイトシリーズ4種の中から、どれがご両親に合うか気診!

 

お二人ともにふくらはぎサポーターが合い、下半身の気の反応が取れました。

 

小倉先生「 良いものでも、合うものと合わないものがあるので、

ふくらはぎ用・腹巻き・靴下・手首用の中から、

効果的に気の反応が良くなるものを選んでいます。」

 

身体に良いという情報を得ても、

“それが自分に合っているか”ということが、体調改善のポイント!

 

この合うか、合わないかを判断をする方法として、気診は有効です。

 

世の中に情報がとても多いので、自分の体調管理の足を引っ張るものは取り入れず、

身体に合う、身体にプラスになるものを選ぶことが大切です。

 

10月から気診の学校1年生前期がスタートします。

気診にご興味のある方、銀座漢方天クリニックにお問い合わせください。

 

銀座漢方 天クリニック
春乃

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B

電話 03-6274-6501

問い合わせはこちら