月別アーカイブ: 2018年6月

「 “ 薬草湯 ” 気診オススメ品 ③ 」 と 「 7月の予定 」

暑くなってきましたので、

出掛けた先々で、冷房がよく効いています。

 

最初は気持ちいいなと感じても、時間が経つにつれてつらいと感じることはありませんか?

 

暑い室外と冷房の効いた室内の出入りを繰り返したりすることで、

身体に備わっている体温を一定に保つ機能のバランスが乱れて、

汗をかきづらくなったり、だるさや夏バテに繋がってしまうこともあります。

 

大切なのは、冷えを溜め込まないようにすることです。

 

温めのお気に入りは、薬草湯(生薬浴剤)でのお風呂タイム!

生薬のやさしい香りに癒されながら、じんわりと温まって行き、

そのまま寝てしまいたくなるような心地よさです。

 

リフレッシュもできて、身体を温めることの大切さを実感しています。

8種類の生薬を配合した、手軽に楽しめる薬草湯です。

☆ウチダの浴剤☆ (株式会社ウチダ和漢薬 HPより)

【商品説明】
着色料を含まず、8種類の天産物の生薬だけを使用した薬草湯の入浴剤です。

【効能・効果】
肩のこり、腰痛、冷え症、神経痛、リウマチ、痔、あせも、しっしん、しもやけ、荒れ性

 

お風呂タイムは、湯舟に浸かり身体を温めて、冷えを溜め込まないようにしましょう。

 

~~~☆~~~~~☆~~~~~~~~☆

7月の予定です。

【 気診&アーユルベーダで体質診断 】

26日(木)14:00~16:00

小倉先生と 新倉先生のコラボ! スペシャルな講座です

あなたの体質を知りましょう!

☆小倉左羅先生による「気診養生講座と気診体験」
☆アーユルヴェーダ専門家である新倉亜希先生による「アーユルヴェーダ体質診断」

 

【 気持ち良く体を動かしたい方へ 】

『グループエクササイズ コンディショニング!』

23日(月)13:00~14:30
*日付が、変更になりました。

講師:吉山明美(コンディショニングインストラクター)

詳細はこちら⇒ 元気講座

 

☆ 顎ゆる養生&プチ気診講座 ☆

28日(土)
養生法と気診のセットのお得な講座です。初めての方どうぞ!

時間:応相談
担当:春乃美輝
費用: 3000円

 

☆ 気診体験講座 ☆

28日(土)
チーム気診の講師による相談をお受けいただけます。
相談時間は30分で完全予約制です。

時間:応相談
担当:春乃美輝
費用:無料

お申し込み・お問い合わせは、メールまたはお電話で!
ご参加お待ちしております♪

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501


問い合わせはこちら

花を一輪飾ってみよう!

梅雨はジメジメしていて苦手でしょうか?

 

空も心もどんより、外から帰ると部屋にはなかなか乾かない洗濯物が・・・

「嫌だな~」を探してしまうと次々と出てきてしまいそうです。

これをリセットしたい!

 

このような時は、花を飾ることにしています。

 

帰宅して、飾ってある花を見ると、それだけでほっと気持ちが安らぎます。

一日の中で、ほっとする、きれいだな~というような、

心地良いと感じる瞬間を大事にしたいなと思っています。

 

気軽に、ジャムやスパイスの瓶や器などに水を張って、花を一輪活けてみませんか。

 

花に触れたり、色や香りで、こころのリフレッシュにも役立つでしょう。

いつもと違った空間づくりも楽しむことができますよ。

 

毎日慌ただしくて、時間にゆとりがないという方にもオススメです。

 

花を観て、ほっとする心地よさを感じると、身体もあたたかくなって、気も調っています。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501


問い合わせはこちら

麦とろの日!

 

6月16日は、6(む)と16(とろ)の語呂合わせから、麦とろの日。

 

麦とろご飯を食べ、元気に夏を乗り切ってもらおうと、

「 麦ごはんの会」が制定した記念日だそうです(Wikipediaより)

 

気温が上がってくると、冷たい物を食べすぎたりする等で、

脾・胃の働きが弱まり食欲が落ちやすくなったりするので、

この季節にピッタリのメニュー!

 

口当たりが良いので食べやすい、

手軽に栄養補給できまる、

麦ごはんを炊いて、とろろをすりおろすだけの簡単料理でオススメです。

 

身近な食材で、食養生できるがうれしいですね。

*大麦 :胃腸の働きを高めて消化吸収を促す効果があり、胃もたれや消化不良の改善に役立ちます

*山芋 :胃腸の調子を整え、気を補って精をつけ、肌を潤すとされています

〈材料〉
・米
・大麦(押し麦)
・山芋(すりおろし)
・だし汁  ―A
・醤油   ―A
・みりん  ―A
・青のり( または海苔)

〈作り方〉
① 麦ごはんを炊きます。

② すりおろした山芋に Aを少しずつ加えて混ぜます。

③ 炊いたご飯に②をかけて、仕上げに青のりをのせるとおいしいです。

 

*とろろをなめらかに仕上げたい場合は、すり鉢にとろろを入れて、すりこ木でよくすります。

だし汁の分量でお好みのやわらかさに調整を。

*白ごはんを炊く時よりも水加減を少し増やしてみてください。

*マグロ、梅干し、たくわんなどをトッピングに添えるのも良いでしょう。

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501


問い合わせはこちら