月別アーカイブ: 2019年8月

「 夏の置き土産 」

銀座漢方 天クリニックの鍼灸師、横田千枝です!

夜、にぎやかだったカエルの合唱から折り重なるような虫の音に変わってきました。

身体は暑さで発汗して体温を下げる日々から一転、

涼しくなってくると体温を放出しないようになります。

 

電車内、商業施設はまだまだエアコンがかかる毎日です。

それに加え、早朝、日中、夜の温度差に対応できず身体に不調が現れてきます。

窓を開けたまま寝てしまって寝冷えしちゃいました!というお話も聞きます。

 

またこの季節、乾燥も始まります。

温度が高い今年、汗腺からたくさんの汗が出て皮膚の脂分も少なくなり、

保湿力が低下しています。

皮膚表面の栄養と水分を取り戻しましょう!

 

そんな時に有効なツボです!

陽池(ようち) 手の甲側、手首にできる横シワの真ん中の関節のくぼみ

親指をツボに当て、気持ちよい程度に垂直に押します。

自律神経のバランスを調え、血液の流れを促進します。

 

血海(けっかい) 膝のお皿の上、内側の端から斜め上に指3本分

血の海つまり血がたくさん集まるところです。

ここは血の流れを調整します。

 

強く押すと誰でも痛いです!

内出血を起こす可能性もありますのでゆっくり、優しく押してくださいね。

本格的な乾燥の季節となる秋の前に、潤いを取り戻しておきましょう。

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

 

食養生「 ジャスミン茶 !」

残暑が長引く可能性があるとの予報のようですね。

 

暑い日が続いて、ストレスを感じる、ちょっとバテ気味!

眠れない、食欲がない、元気がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

おススメは「ジャスミン茶」です^^

華やかな香りには、気の巡りをよくして、

気持ちをリラックスさせる作用があるとされています。

 

食欲不振や情緒不安定などの症状の改善も期待でき、

体を温めて血の滞りを解消する作用もあるとされています。

 

香りは脳に直接刺激を与えるので、まずは香りをかいでリラックスしてみましょう。

 

ジャスミン茶を飲んで、ホッとひと息つくと、

心も解きほぐれて 良い眠りにつながり、元気の回復に効果的です^^

*写真は「レモン」と「純黒糖くろうさぎ」を添えました。

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

 

「夏のツボ②」

銀座漢方 天クリニックの鍼灸師、横田千枝です!

30度を越すと真夏日、35度を越すと猛暑日・・・

今年は猛暑日が多いですね。

 

「夏のツボ」第二弾!

25℃以上を熱帯夜と言いますが、今はそれどころではないですね。

暑く寝付けず、寝不足気味になっていることでしょう。

今日は眠れるツボをご紹介します。

 

まずは「百会(ひゃくえ)」
このツボは百―つまりたくさんに、会う―交わるという意味です。

顔と頭の症状をほぼ賄い、頭痛、目の疲れ、耳鳴り、鼻づまりは元より、

二日酔い、肩こり、高血圧にも効果があります。

さらに自律神経の調整をするツボと言われています。

 

場所は頭のてっぺん、両耳を繋いだ線上です。

押すととても気持ちが良いです!

その時、真上から押すのがポイントです。

5秒位押して10回がおススメです。

 

もう一つは「失眠(しつみん)」
失った眠りを取り戻すというツボです。

このツボは経絡にはありません。

場所はかかとの中央。

ここをボールペンの先でない方やツボ押しで押すといいですよ。

指を使うと疲れます。

こちらはテレビ見ながらなど、左右3分ずつ位がおススメです!

このツボはお灸もおススメですよ。

 

酷暑の夏の夜、これで快適にお過ごしくださいね♡

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら