冷えに注意! 小さなことにも気を付けよう

5月は始まったばかり、まだ暑さに身体がなれていない時期ですが、

暑い日が増えてきているので、体調を崩さないように気をつけたいですね。

 

みなさん、食生活ではどんなことに気をつけていますか?

 

いろいろな食材をまんべんなく摂る、腹八分目にする等、

 

このように、良い事にこだわっていても、

体調が優れないというような時、

何か足を引っ張ることをしていないか、

振りかえってみることも大事です。

 

例えば、飲食店に入ると先ず冷たいお水が出てきます。

お店のサービスでありがたいことなのですが、

身体を冷やさない為には、控えめにした方が良いようです。

 

深部体温は37度前後、

温度が一桁台の水が身体に入ってきたら、

身体は、嫌がっていると思います。

 

冷たい水を飲んで、おいしいと感じるのは始めのひと口だけですね。

 

この時期に冷やさないようにすることが、

夏を元気に過ごすことにも繋がっていきます。

 

気診ができる方は、冷たい物を食べる前と後を気診してみてください。

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501


問い合わせはこちら