冬の食養生「腎」を補う!

前回のブログでは、腎は冷えに弱いので冷やさないこと、

冷えたら温める養生が大切、とお伝えしました。

 

では、食養生はどのようにすればよいでしょうか?

 

薬膳では、腎を補う食材は黒い色の物に多いとされています。

 

黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、黒米、ひじきや昆布などの海藻類、烏骨鶏、スッポンなど。

 

お正月に食べるおせち料理にも、

黒っぽい食材を使った黒豆煮、昆布巻き、栗きんとんなどの料理が並びます。

 

おせち料理には、この季節を元気に過ごすための先人の知恵が詰まっています。

 

日本の伝統である食文化を楽しみながら、

寒い季節に弱りやすい腎を補う食養生はいかがでしょうか。

 

今年も 銀座漢方天クリニックのスタッフブログをお読みいただきありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら