夏の食養生!「シソ」

そろそろ梅雨明けですね。

 

蒸し暑い夏は、冷奴やそうめんなど、冷たいものを選びがちです。

冷たいものばかりに偏ってしまうと

胃腸の働きを弱めてしまうことにもなりかねません。

 

食養生でのオススメは、

シソやショウガ、ニンニクなどの体を温める辛味の薬味を少し添えることです^^

 

今日は「 シソ 」についてお伝えします。

体を温めて冷えをとり除く、

血行をよくする、

胃の働きを整える作用があるといわれています。

 

香りは、気の巡りをよくするので、

ストレスやイライラ、のどのつかえの改善に役立つとされています。

 

殺菌・解毒・防腐作用があるとされ、

昔から刺身のツマに利用されてきたようです。

 

漢方薬でも利用され、乾燥させた葉は生薬では蘇葉(ソヨウ)と呼びます。

種は蘇子(ソシ)、茎は蘇梗(ソコウ)と呼ばれ生薬として使われます。

 

シソは、冷奴にのせる、そうめんに添える、サラダに、冷しゃぶに添えたり、

きゅうりやキャベツなどの即席漬けに、肉や魚を巻いたりつくねに入れたり、

にんにく醤油に付け込んでおにぎりに巻いたり、

ジャコの混ぜご飯に加える、刻んでお湯に入れてお茶として楽しむなど、

いつもの食卓にシソを加えて、夏の食養生いかがでしょうか。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら