「 夏のツボ ① 」

銀座漢方 天クリニックの鍼灸師、横田千枝です!

湿気の多い季節、皆様お元気でお過ごしですか?

左羅先生から「絶対!ブログ書いて!」と言われ今月より書かせて頂きます。

 

今回のテーマは「夏のツボ」

7月23日から8月の上旬を大暑と言います。

湿度も気温も高い夏、身体に熱が籠りやすいです。

充分な水分補給が必要。

そして塩分、ミネラルも必要です!

 

でもこの季節、外は暑く、中はとっても冷房が効いています。

そしてついつい冷たい飲み物や食べ物を採り過ぎてしまいます。

こうして身体が冷えると水の巡りが悪くなりむくみ、めまい、食欲不振などが起こります。

 

そんな時、効果的なツボは、足の胃経の太白―タイハクー(足の外反母趾のでっぱりあたり)と手の心包経の労宮―ロウキュウー(手の平の真ん中)

 

太白は消化器系を元気にして水の巡りをよくするツボ。

労宮は疲労回復し、熱の発散するツボ。

 

このツボを太白は足の裏側から、労宮は真上から毎日押すと

とっても気持ちよく、夏の疲れが改善します!

 

今年の夏はこれで快適にお過ごしくださいね♡

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室
電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら