風邪と気診

連日、夜の寒さが続いていますが皆様、体調いかがお過ごしでしょうか?

私は先日久々に風邪をひいてしまいました。

その日は体調が思わしくなく身体のだるさと悪寒があり、風邪を気診でとっても、また身体の周りに風邪がつくの繰り返し、冷えもどんどん進み身体中あちこちに移動、また寒くなったかと思うと熱くなり寒熱往来の状態でした。身体の中で正気と邪気が戦っている状態だったので、気診で合う漢方を診て風邪をとりました。

そして風邪が治まったところで身体を無理してしまい、また悪化させてしまいました。今回は喉と咳の症状があり、気診したところ気を補うものに変わり、風邪の漢方が違っていました。その漢方は、疲労、元気がない時、胃腸機能が低下している時のものですが、私の風邪にもその漢方が効くということは、風邪を改善するための気、エネルギー不足状態であることが分かり漢方を飲みながら、自宅で身体をよく温め、エネルギーを補うように鍼灸もして養生しました。

今はようやく体調が元に戻りましたが、天候や環境の変化に対応できるように常に気(オーラ)を調え、エネルギーを補うことは大切ですね☆!

__ (3)