月別アーカイブ: 2016年3月

朝から暖かいです。桜も嬉しそうです。

今朝もコーヒーを頂く時に、ありがとうを言い忘れている人はないかな?と考えながら、

気がつきました。

自分の存在、今自分がこうして存在してることに、感謝を忘れていた

真っ先に、お母さん、お父さんに感謝。

兄貴に感謝。家内に感謝。息子たちに感謝。

じいちゃん、ばあちゃんに感謝。ご先祖様に感謝。

友人に感謝。僕の生い立ちに関わってくれた人たち全てに感謝。

そう考えて、思い出していくと、人生60年で、 何人のかたと関わってきたのか、

何人の方におせわになってきたのか、想像もつきませんね。

毎日電車に乗っても、今の一瞬、一緒に乗り合わせたけど、話することも、また会うこともない人が、

こんなにたくさんいるんだと思っていますが、

過去60年に話ししたことある人を、電車に乗せてみたら何両位になるのでしょうかね?

先祖も遡っていけば、どれだけの人がいることやら。

そう思うと、実に数え切れない人たちのおかげで、今の瞬間、コーヒーを飲める自分がある。

感謝と、ありがとうを、いくら声に出しても、足らなさそうです。

銀座漢方 天クリニックの院長へ、スタッフへありがとう。

そして患者様にもありがとう。

本日もコーヒー美味しくいただきます。(まだまだ感謝が足りていないと反省しながら)

華やかなチューリップが似合うお天気になってきました

暖かく感じ始めると、鮮やかなチューリップが、心の中にすーっと入ってきます。

みなさんCafeのVELOCE、知っておられると思います。

そこのお手拭きを、よーく見たら、

街の風景になくてはならないカフェ。そんなカフェを目指します。

と書いてあるんですね。僕も何回も入っているカフェですが、今朝始めて気づきました。

いいセリフだなと感心しました。とても柔らかく、自然で、決して目立たずに、ひっそりと存在しながら、

でもなくてはならないもの、という感じで。

銀座漢方 天クリニックも、なくてはならないクリニックになりたいな

健康な人が、より快適に生きていけるように、

ちょっと身体の、心の弱めな人が、活き活きできるように。

そして、辛くて辛くて、痛くて痛くて、でもどこのお医者さんでも取り合ってもらえない人が、

少しでも楽になっていくように。

そんな人たちに、なくてはならない銀座漢方 天クリニック、http://clinic.ama-jissen.com/

一日でも早く、皆様のお役に立てるよう、こつこつ進むべき道を歩んでいきたいと思っています。

感謝の気持ち ありがとう

今朝もお気に入りのトラジャのモーニングコーヒー。

いつも通り気診すると少し固め。そこで、

今朝もコーヒーを頂けることにありがとう。

このコーヒーを今入れたくれた店員さんにありがとう。

このトラジャを運営してくれてる人にありがとう。

このお店を設計.施行してくれた人にありがとう。

コーヒーカップを作ってくれた人にありがとう。

椅子とテーブル作ってくれた人にありがとう。

照明器具を作ってくれた人にありがとう。

そこに電気が流れるように、発電して、送電して、配電してくれている人にありがとう

電気を発電するために、原油を輸入してくれる人にもありがとう。

原油を運んでくれる人にも、原油を採掘してくれている人にもありがとう。

同じように電気だけでなく、ガスも流れていてコーヒーが沸せているだろうから、その人たちにもありがとう。

コーヒーを栽培してくれている人に、それを収穫してくれている人に、運んでくれている人にもありがとう

インドネシアの山奥から日本にやってくるための仕事に従事してくれている人にもありがとう

そう思うと、たった1杯のコーヒーだけど、この1杯のコーヒーが、今目の前に置かれるために、世界中の何千人、何万人のおかげで、成り立っているのだろうか。

ありがとうが際限なく続いて、コーヒーが冷めてしまいそうです。

再度気診してみてから、頂きました。とっても反応柔らかく、美味しかったです

最後に、ブログを読んでくださっている人にもありがとう。

もちろん銀座漢方 天クリニックのスタッフにも心からありがとう。