月別アーカイブ: 2019年12月

この時季の薬膳ワンポイント

寒さも日を追って厳しくなってまいりました。

東洋医学では、冬に弱りやすいのは「腎」とされています。

腎は生命活動を維持するエネルギーを蓄え、
全身に供給する等、とても大切な役目を担っています。

脳、骨、耳、髪、生殖や成長発育にも関連しています。

疲れやすい、元気がでない、だるくてやる気がでない、
物忘れ、抜け毛や白髪、耳が聞こえにくいなどの症状がでやすくなるとされています。

では、食養生はどのようにすればよいでしょうか?

薬膳では、腎を補うのは黒い色の物とされています。

おせち料理にも、黒っぽい食材を使った料理がならんでいます。

例えば、昆布巻きです。
海藻には尿の出を促し水分代謝を高めて腎機能を補う働きがあります。

他には、黒豆煮、栗きんとんなど。

田作りも腎を補う一品ですよ。

薬膳に当てはめて考えると、おせち料理はこの時季にぴったりのようですね。

 

先人達は、何かを感じておせち料理にこれらを入れたのでしょうか?

食べた時の気の変化を感じていたのかな~?

こんなことを考えたりして、気診も薬膳もおもしろいな~と思うのです(^^♪

 

今年も、銀座漢方天クリニックのスタッフブログをお読みいただきありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら