月別アーカイブ: 2020年1月

冷え改善 ~体験談~

冬は、外出等で一旦手足が冷えてしまうと冷えたままで温かさが戻らない、

お風呂あがりでも直ぐに脚先が冷たくなる、

夏も靴下を履かないと眠れない、

お腹を触るといつも冷たい、

冷えがつらくて寝つけない、

一年中、手足の冷たさが気になる・・・

 

改善方法をいろいろと試しましたが、

良くなった~と喜べるほどの改善は無く、

年齢や体質だから仕方がないのかもしれないと諦めていた時期も・・・

 

現在は、手足が冷えたなと感じても、いつの間にか温かさが戻っています。

風呂上りのぽかぽか感は心地よく続き、気持ちよく寝むりにつくことが出来ます。

冷えの症状が和らいでくると、不定愁訴の改善も感じました。

 

目に見えてわかるのは、

指先のひび割れなどの手荒れ、

すねのカサカサや痒み、かかとのかさつきの改善です。

 

年齢だからとあきらめなくて良いのだなと思えることも、うれしいです。

 

これは、小倉先生の気診で、私にピッタリの養生ができたからです。

 

体が温まってくると、

身体も心も元気になるなあ~と感じています。

これからも「気診で元気」で過ごしたいです(^^)

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

「チャリティーイベントご報告」と「春の食養生」

先日のチャリティーイベント、お陰様で無事終了いたしました。

チャリティーイベントにご参加くださった皆様ありがとうございます。

 

お楽しみいただけたとのお言葉もありがとうございます。

*楽しく過ごすこともできて、体が軽くなりました。

*短時間でリラックスできて嬉しいです。

*養生が大切だと分かったのでマッサージを習慣にしたいです。

*こういうイベント良いですね、また参加したいわ〜。

 

私担当の食事指導では、春にオススメの食材についてお伝えしました。

 

自然界からの恵みである旬の食材は、

その季節に体が必要としている食材とも言われています。

○旬の食材・・・・アスパラガス、キャベツ、うど、かぶ、たけのこ、ふき、たらの芽、あさり

○酸味の食材・・・梅干し、酢、オレンジ、ゆず(実)、レモン、みかん

○緑色の野菜・・・小松菜、春菊、菜の花、ブロッコリー、よもぎ

春の食養生にお役立てください。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら

胃の調子を整えよう

本年もよろしくお願いいたします。

昨日は、七草粥を食べましたか。

味の濃い物や食べすぎが続いた後、

胃腸に負担がかからないように、

おかゆで食べようというよい食べ物ですね。

 

まだ食べていないという方や、

七草全部をつかってとなるとハードルが高いという方も、

カブや大根、セリなど手に入りやすいもののみ入れるのでも良いでしょう。

 

“薄味のやさしいお粥”

胃の調子のリセットに役立てましょう。

〈カブ〉五臓を補って体の中を温め、冷えによる胸や腹部の痛みを緩和。消化不良や便秘にも効果的。

〈大根〉気の巡りを良くして、胃腸の調子を高める作用。消化酵素も多く含むため、胃もたれや消化不良、おなかのハリなどの不快感の解消にも役立ちます。

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室

電話:03-6274-6501

問い合わせはこちら