爺犬の気診アロマ生活   食いしん坊のヘン その1

土曜日アロマ担当の松下です.

今日は一段と秋らしくなりましたね。

上着が必要かな・・・と感じさせられる涼しさです。

17歳の爺犬が初めて我が家に来たのは、まだ掌に乗る位の赤ちゃんの時でした

犬種はパピヨンで、少々やんちゃなところもあったので「グレムリン」からとって「グレム」と命名

思えば幼犬の頃から「食べるの大好き」で食事は常に完食でした

ところが16歳を過ぎて何度も弱った状態になり、また高齢に伴う気まぐれもあってか、

食事も残すようになって一時は水も飲まなくなってしまい、当然体重も減っていきました

「犬も晩年になって食べさせるのに苦労した」とよく聞きますが、

幸い生まれつきの食いしん坊、手を変え品を変えで、

鶏むね肉をもも肉にすると食べる!水も果汁を混ぜると飲むけど、薄めすぎるとお気に召さない!

極め付けはクリニックお薦めの「宇田博士の健康ふりかけ」

なかなか食べない時に、これをフードにかけると食べだしました♪(^^♪

最近は食欲も出て元気になったのですが、ある時めったに声を出さないグレムが、

餌の前で「キューン、キューン」訴えています

「餌も水もあるのに・・もしかして?」とふりかけをかけたとたん「バクバクッ」完食

まさかのふりかけ催促!?

「グレムちゃん」ならぬ「グルメちゃん」でした

銀座漢方 天クリニック
http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校
http://school.ama-jissen.com/

住所
東京都中央区銀座6丁目7-18-801B

電話
03-6274-6501

問い合わせはこちら