正月明けの食養生!

新年の幕開けは、いかがでしょうか。

今年も銀座漢方天クリニックのスタッフブログをよろしくお願いいたします。

 

年末から年明けにかけて、食べ過ぎたりお酒を飲む機会が多かったりで、

胃の疲れを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

明日は七草粥の日!

正月明けに食べる七草粥は疲れた胃をいたわる意味があります。

とてもやさしく感じられて美味しいですよね。

 

七草をそろえてまでは・・・という方にもオススメ!

普段冷蔵庫に入っていそうな野菜で大根粥はいかがでしょうか。

 

大根は、胃腸の調子を高める作用があり、胃もたれ、

消化不良、お腹のハリなどの不快感の解消にもよいとされています。

 

材料を入れて煮るだけでとても簡単!

あたたかくて、やさしい味のお粥で、心も身体もほっこりできそうですよ。

☆大根粥☆

〈材料〉
・米(研いだもの) 1合
・大根(短冊切り又はいちょう切り)
・大根の葉(お好みの大きさに刻む)
・水 6~7カップくらい(お好みで鶏だし 又は昆布だし)
・自然塩

〈作り方〉
① 鍋に米、大根、水(またはだし汁)を入れ強火にかけ,
沸騰したら火を弱めて、蓋は少し隙間をあけて吹きこぼれない程度の火力で
20~25分くらい煮ます。塩で味を調えたら火を止めます。

② 大根の葉を入れ、蓋をして蒸らしたら出来上がりです。

 

胃腸の調子をととのえて、おいしく食べて、
2018年を元気に過ごしましょう。

 

銀座漢方天クリニック
薬膳気診アドバイザー 春乃美輝

 

銀座漢方 天クリニック http://clinic.ama-jissen.com/

気診の学校 http://school.ama-jissen.com/

住所: 東京都中央区銀座6丁目7-18-801B号室


問い合わせはこちら