Miroさんの気診体験

(東京都豊島区の空 By S,T)

ある日突然「坐骨神経痛」のような症状になり、歩けなくなりました。

坐骨神経痛は2~3か月で治りましたが、その後も体の節々が痛み、すっきりせず某大学病院に行き、検査をしましたが内臓はどこも悪いところはないとのことでした。
でも検査の結果では毎回CRPの数値が、正常値0.2のところ、16.2や15.68と高過ぎ、男性でも寝込む痛みですよと言われました。3か月後、ようやく病名がわかり、プレドニン錠15㎎(5㎎×3)が出ました。

その一か月後、偶然、左羅先生に出会い、足を引きづっているところを後ろから「どうしたのですか?」と聞かれこれまでのことをお話しました。左羅先生から気の巡りをよくして気のエネルギーを増やすことが大事と言われ、漢方試してみませんか?と言われました。もちろん西洋薬と併用です。
そうしましたら、それまであまり変化のなかった数値が10日後の検査でCRPは15.68→12.90に下がりました。

その一か月後の検査では0.77まで下がっていました。
大学病院の先生もびっくりされていました。
さらに1か月半後の検査では0.55とほぼ正常値となりました。
体の痛みも薄れ、現在日常生活にも支障がなく元気に仕事をさせて頂いております。

(終わり)