SAYAの気診体験

(千葉県柏市の空 By H.K)

私の気診のスタートはちょっと変わっていて「講座を受けよう」と思ったことからでした。当時の主治医の先生のblogで気診を知ってからたまに小倉先生のblogも読んでいて翌年の講座スタートの記事をみつけ「探していたのはこれだ!」と思ったからです。

講座を受けるのに、まずは気診を体験してみようと診察を受けたのが小倉先生との出会いでした。最初の診察で驚いたのは、ただ先生とお話をしているだけなのに、体が暖かくなったり楽になったことでした。また講座を受けると帰るときには皆元気になっているのも不思議でした。
気診と講座を重ねるうちに、今まで体のために良いと思って食べていた物、飲んでいたたくさんのサプリが反対に足を引っ張っていたことなどがわかり、それらを止め気診で合ったものだけを取るようにしました。
また、先生に教えていただいた養生法、呼吸法、そして気診で合わせた漢方をほんの少量取って行くことで気の状態はどんどん改善されていきました。
リウマチの症状は西洋医学の薬も併用し格段の改善となりましたが、繰り返していためまいはだんだんと起こる回数が減り、この1年半はまったく起きていません。
一番ひどく状態の時には痛みとだるさ、めまいで一日中起きることもできず、家の中を歩くのも起き上がるのも着替えるのも何もかもがつらく「明日の自分の状態」まったくわからない状況でしたが、今は長年休んでいた仕事への復帰も果たすことができ、「また明日」と自信を持って言えるようになり、小倉先生と気診に出会えたことを心から感謝しています。

かつての私の様に暗いトンネルの中で出口を探しているような辛い症状の方が、自分の不調の本当の原因を知ることができ自分に合った治療法で光を見出せるように、もっともっと気診が世の中に広まっていってくれることを願っています。また、微力ながらそのお手伝いができたら嬉しい限りです。

(つづく)