デミのがん体験記(10)サラ先生と気診

(神奈川県鎌倉市の空 By H.H)

さて、いよいよ18時半となりドキドキしながらサラ先生に電話をかけ、まずはご本人と気付かなかった無礼をお詫びし、本題へと入ります。サラ先生は今の状況をしっかり聞いて下さり、写真を送るよう指示され、「友達はもちろん、姉との長電話はダメ。LINEも2行まで。とにかく気の無駄遣いをしない事がポイント!」とアドバイスまで下さり、電話を終えました。こうしてサラ先生とご縁を結ばせて頂き、気診を知ることになるのです。

7月2日。サラ先生から昨日送った写メの回答が届きました。1枚の紙に書かれた人型に「風邪、水毒、腎虚、冷え…」と西洋医学では見聞きしない言葉が書き込まれていました。「エネルギーはおありのようですので少しずつ気血水の流れをよくし、五臓をアップしていきましょう。大切なのは気持ちと養生です。」と、ある日突然電話してきたどこの誰とも知れない私を気診して下さったのです。死をも覚悟していた私ですがサラ先生の言葉で俄然勇気が沸いてきました。

7月3日サラ先生とZOOMで始めて顔合わせ。その時摂取していたサプリから調味料まで気診て頂いたところ、5年間信じて飲み続けていたサプリの殆んどが私に合っていなく、もうがっかりです。

(つづく)